興味がある気になる「ニュース」や「Apple関係」、「IT関係」、「マーケティング」、「映画」などをゆる〜い感じでアウトプットしていきます!

【気になるニュース】鳥取県米子市が痛車を無料でリース!!

Ad
「痛車」を鳥取県米子市では無料リースを始めるようです。
でもそもそも「痛車」って!?
Wikipediaによると・・・・・

痛車とは「見ていて痛々しい車」という意味が込められた俗語であり、恥ずべき行いを「痛い」と表現する俗語に由来するものである。イタリア車を意味する「イタ車」の語感に掛けた洒落であるとも言われる。いわゆるおたく文化から発祥し、アニメやゲームに対する個人のファン活動の一環として行われているもので、描かれるキャラクターは萌え絵の美少女キャラクターなど、「2次元」などと俗称される、平面上に描かれたイラストをモチーフとしたものが代表的である。場合によっては軽トールワゴンやミニバンといった自動車にマフラーなどのパーツを取り付けた改造車のことを指す場合もあるが[要出典]、一般的には前者のものを指す。多くは乗用車で行われるが、トラック、バスなども存在する。こうした車両が「痛車」と呼ばれ始めた経緯については、揶揄の意味で用いられ始めたとも、オーナーの自虐として用いられたとも言われるが、諸説があり定かではない。当初は愛好家同士のみで通じる隠語のようなものだったが、雑誌等への投稿により広く認知されるようになった。

上記のように車体を漫画の絵でラッピングした無料リース用の電気自動車。
車体の右側にはかわいい女性と米子城跡、山陰歴史館、米子水鳥公園を、
左側は女性と大山、皆生海岸などを描いている。
実は米子出身にはあの有名なエヴァンゲリオンなどの制作会社ガイナックスの社長がいます。
社名も米子の夏のイベント「がいな祭り」からとったという話も聞いたことがあります。
この電気自動車の利用目的は観光やビジネスなど自由でEV利用期間は2月末までです。
1日最高4時間を無料で利用でき、同商店街にある無料の太陽光発電充電スタンドも利用できる。
予約窓口はEVステーション【0859・33・7723】
気になる方はこちら
Ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です