興味がある気になる「ニュース」や「Apple関係」、「IT関係」、「マーケティング」、「映画」などをゆる〜い感じでアウトプットしていきます!

iPhone4sはSoftBank(ソフトバンク)?au?

Ad

iPhone4sではSoftBank(ソフトバンク)とau(エーユー)からそれぞれ発売されています。

さて、どこが違うの?ほとんど一緒ではないのか?
そう思いがちですが、実は同じものと考えない方がいいところもあります。

なぜかというとiPhone4sには「CDMA方式」と「HSDPA方式」の2つの方式があります。
※iPhone4からありましたが、日本ではiPhone4sが初です。
「CDMA方式」=au
「HSDPA方式」=SoftBank(ソフトバンク)
上記のようになります。
どのように違うのかというと私も詳しく説明できませんが、
簡単に説明すると同時に使えるか。それもと同時に使えないのか。
では何が?というと電話の通話機能とインターネットのデータ通信機能のこと。
auでは例えばメールの受信やオンライン株取引など使用していた場合に電話がかかってきたら、
中断されてしまいます。
対してSoftBank(ソフトバンク)では通話しながらでも行うことができます。
他にも「海外ローミング」について。
au→31カ国・地域
SoftBank(ソフトバンク)→67カ国・地域
上記のように対応国が異なってきます。
そして最近よく言われているauの場合は特に気を付けないといけないのが、
通常SoftBank(ソフトバンク)では、キャリアの選択メニューがあり、
海外に行っても手動で指定業者を選択できます。
例えば、海外パケットし放題は指定業者が決まっているので、
安心して指定業者を選択すると上限金額内で済みます。
しかし、auの場合はキャリアの選択ができず、
自動的に接続されてしまうため、
接続した事業者が定額対象外だった場合は、
高額請求になる場合もあります。
かといってauが悪いという訳でもありません。
通信速度はSoftBankの方が早いという話も聞きますが、
利用エリアはauの方が断然違います。
機種代金に関しては随時異なって来る場合もあるので記載はしませんが、
通信料などの月額料金はほとんど同じでSoftBankの方が500円安いくらいです。
まあ使う個人によってことなりますので用途に応じて検討が必要ですね。。。
Ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
人気記事