興味がある気になる「ニュース」や「Apple関係」、「IT関係」、「マーケティング」、「映画」などをゆる〜い感じでアウトプットしていきます!

【福岡】博多祇園山笠と言えば「櫛田神社」

Ad
博多祇園山笠といえば、そう櫛田神社。
201109-02.jpg
博多祇園山笠とは、毎年7月1日から7月15日にかけて開催される700年以上続く祭り。この祭りは博多どんたくと並ぶぐらいの有名な祭りです。そんな祭りは福岡市の主催の祭りと思われるが、実は町内行事らしいです。町内行事のわりには有名すぎる。w
おっと話がずれましたね。そのそも櫛田神社の歴史は・・・?

社伝では、天平宝字元年(757年)、松阪にあった櫛田神社を勧請したのに始まるとされ、松坂の櫛田神社の祭神の大幡主神が天照大神に仕える一族の神であったことから、天照大神も一緒に勧請されたと伝えられる。天慶4年(941年)、小野好古が藤原純友の乱を鎮めるために京都の八坂神社に祈願し、平定した後に当社に素盞嗚神を勧請したと伝えられる。他に、平安時代末期、平清盛が所領の肥前国神埼の櫛田神社(櫛田宮)を、日宋貿易の拠点とした博多に勧請したものであるとする説があり、櫛田神社の宮司らが編纂し1965年(昭和40年)に文部省(当時)に提出した『博多山笠記録』や1979年(昭和54年)に福岡市が発行した『福岡の歴史』はこの説を取り上げている。しかし、それは同市早良区の櫛田神社のことであるという反論もある。戦国時代に荒廃したが、天正15年(1587年)、豊臣秀吉によって博多が復興されるときに現在の社殿が造営された。1868年(明治元年)の神仏分離令より前の江戸時代までは東長寺に属する神護寺が櫛田神社を管理していた。1891年(明治24年)に県社に列した。(wikipediaより引用)

家からもとても近いのでよく行きます。またキャナルシティへの通り道でも使ってたり。。。この日は外国人観光客がいっぱい。ガイドさんが拝み方など説明していたため、中央が混雑気味。私は危険を感じ待っているとやはり一般の参拝者に拝み方の例としてガイドさんが お願いしてました。
201109-01.jpg
そして私も終わり御輿を見に行く。
201109-03.jpg
帰ろうとすると外国人がなにやら芸能人の写真を撮るかと思わされるぐらい群がっていた。その先にはこの日櫛田神社で結婚式をされる方の友達?が着物をきていたため、群がっていたみたい。笑
201109-04.jpg

大きな地図で見る

Ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です