興味がある気になる「ニュース」や「Apple関係」、「IT関係」、「マーケティング」、「映画」などをゆる〜い感じでアウトプットしていきます!

こんな金融商品があったんだぁ。。。

Ad

今の会社に入る前に相談にのって頂いた高野さん(@keyplayer)のtwitterで気になったもの。

貸金業法改正に伴い総量規制で資金調達が困難になる借り手。対して投資の分野でも、【株】や【FX】、【CFD】など対象がある中、巨額の資金を持つ個人や法人の投資先として増えるであろう商品が『ソーシャルレンディング』

『ソーシャルレンディング』とは何なのか。wikipediaによると、

ソーシャルレンディングは、知っている同士と知らない人同士の融資にまず分けられる。知っている人同士のサービスは2002年よりVirginMoneyが開始した。知らない人同士の融資は、さらにマーケット型とオークション型に分けられ、マーケット型はイギリスのZOPA(2005)、日本ではAQUSH(2009)、オークション型は米国のProsper(2006)、Lending Club(2007)、日本ではManeo(2008)といったサービスが存在している。

ではマーケット型とオークション型とはなんなのか。

マーケット型は金融商品を買うイメージだうか。サービスを行う運営会社は融資希望者の個人情報と信用情報機関への問い合わせによって格付けを決定する。なぜマーケット型かというと、株式市場のように金利がタイムリーに変動する。もちろん、状況に応じて金利がマーケットシステムによって公正に決定される仕組みになっている。

オークション型は、利率の入札方式でコミュニティ内で借り入れの目的や信用度をアピールし,貸し手はそれらで投資・融資先を決定する。借り手は低金利で資金調達できる反面、貸し手の高い金利が確定する場合もある。また借り手の個人情報は一切公表されない。他にも家族間や友人間の貸借を行う場としても活用されている。

市場の規模は2005年頃から同様のサービスが始まっている欧米ではソーシャルレンディングは拡大傾向にあり、金融業界でその地歩を固めつつある。ソーシャルレンディングの総融資残高は、2005年1億1800万ドル、2006年2億6900万ドル、2007年には6億4700万ドルにものぼり、2010年においては総額58億ドル規模になると予想されている。(Wikipedia English ver.より抜粋)

参考・引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

私個人やっている訳ではないため、口だけになってしまうが、かなりのハイリスクの商品になるだろう。特にオークション型は。

このようなものを見ていると債権売買が加速しそう。。。

Ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
人気記事