興味がある気になる「ニュース」や「Apple関係」、「IT関係」、「マーケティング」、「映画」などをゆる〜い感じでアウトプットしていきます!

九州新幹線「さくら」乗車レポート

Ad

今回、広島へ友人の披露宴出席のため行きました。

博多から広島まで新幹線とバスの交通手段がある。
バスは安いものだと2,000円ほど。
しかし日帰りの予定のため、
今回は新幹線で向かうことに。
さて新幹線といってもいろいろ種類はあります。
「のぞみ」「ひかり」「こだま」と東海道・山陽新幹線。
そして「みずほ」「さくら」「つばめ」と九州新幹線。
「のぞみ」の車両は今はほとんどN700系車両。
「のぞみ」は乗ったことがあるため、
今回は山陽新幹線経由新大阪行きの「さくら」に乗車することにしました。
まったく情報がありませんでした(みずほがあることさえも知らなかった。。。)が、
九州新幹線には【800系】と
N700系をベースに車両設備を変更した【N700系7000・8000番台】があります。
【800系(つばめ・さくらに使用)】
【N700系7000・8000番台(つばめ・さくら・みずほに使用)】
ちょっと待って。。。。。
九州新幹線の「みずほ」「さくら」「つばめ」はどう違うのか?
簡単にいえば、
「のぞみ」=「みずほ」
「さくら」=「ひかり」
「こだま」=「つばめ」
という感じです。
つまり「みずほ」は最速新幹線となる。
そもそも「みずほ」は存在しなかったが、
飛行機に対抗し設定されたもので、
新大阪から博多までは「のぞみ」と「みずほ」は同様に位置づけられており、
所要時間もほぼ同じです。
博多からは「さくら」よりも停車駅を絞っています。
「みずほ」の停車駅は
新大阪→新神戸→岡山→広島→小倉→博多→熊本→鹿児島中央
(※博多まではのぞみと同様)
さて今回は「N700系7000・8000番台」の車両について紹介したいと思います。
ほぼ料金が広島まで変わらなかったので、
指定席でいってきました。
まず、席がいい!!
【グリーン車について】

申し訳ございません。
私はなかなか乗ったことがありません。
いろんな情報によると
【指定席について】
木目調の落ち着いたデザインになっています。
座席の幅も広く、前の席との感覚も広いです。
これはレールスターひかりも同じ感じで席もひろくゆっくりくつろげます。
過去に「のぞみ」の指定席に乗ったことがありますが、
車両を覚えてませんがとても狭い印象で窮屈なイメージだったのを覚えています。
レールスターひかりにもなく個人的に驚いたのは、
各席にコンセントが設置されていること。
PCを使うビジネスマンにはオススメです!!
【自由席について】
のぞみ同様2列と3列にわかれています。
変わっているのは壁が木目調なのとシートの色ぐらいです。
その他設備については
【多機能トイレ】
【パウダールーム】
【多目的ルーム】
【喫煙ルーム】
【写真は下記より引用】
Ad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
人気記事